作業内容

トップページ >> ブログ

SR20DETばらしてみる

本日のご紹介は SR20DET をばらしてみる です。

 

SR20DETターボエンジンに換装してくれとのご依頼を受けました。

誠にありがとうございます。

そして依頼者から送られてきたエンジンの画像です。

某オークションで購入されたとのこと。

お約束の「エンジンを下ろすまでは特に問題なく稼働していました」

とのコメント。

当初はこのまま搭載してくれとのことでしたが・・・

どう見てもすんなりは動きそうもないエンジンの感じが・・・。

一応見てみましょう。

 

ちょこっとバラシながら外見を確認。

こちらはタービンのクーラントの配管。

つぶれていますね。

運搬中になったのかはわかりませんが(あまり外傷を受けないところですので)

エンジン稼働中にこうなっていたらクーラントがタービンに回らないですね。

 

EXマニのスタッドボルトが折れてます。

ここはどちらにしても

やり直さなければならないのでEXマニ、タービン外します。

こちらはエンジンからのクーラントの配管。

液体ガスケットここだけ塗りたくっております。

何度かトライして漏れたから液ガス塗りたくったのだろう。

 

エアコンコンプレッサーのブラケットを外すと

沢山の銅ワッシャーが出てきました。

先ほどの箇所を何回か交換しているうちにここに落ちたんだろう。

気持ちはわかる。ここに落ちるとなかなか取れない。

 

こちらはオイルフィルターを取付けブロック。

こんなオイルが出てきた。

嫌な予感しかしない。

 

 

カムカバーを外します。

真っ黒。

 

エンジンフロント側全体画像。

オイル漏れが酷いですね。

もうこの時点でご依頼者様と連絡を取って

とりあえずオイルシールの打替えなどの作業は決定。

 

なのでヘッドも取り外します。

こちらの画像がブロック上面です。

 

ピストンにカーボンが大量に付着。

あけてよかったです。

 

ちなみにオイルパンは凹んでいます。

オイルパンを外すと・・・

「うぁー」と思わず声をあげました。

オイルパンを凹ました勢いでオイルストレーナーまで凹んでいます。

黒ヘッドなので対策用のオイルストレーナーに変更されていますけど、

赤ヘッドだったら大変なことになっていますよ。

 

オイルもドロドロ。

このオイルの状態ではオイルラインが詰まっている可能が大です。

オイルシールだけではなく、OH確定ですね。

クランクをばらしてみると・・・

メタルに傷がありました。

OH決意してよかったです。

このままただ搭載していたら最悪な結果になっていたかもしれません。

ボアの計測もしてみたら全体的に広がっておりました。

ちなみにタービンシャフトの回り駄目です。

ほぼタービンブローです。

この状態で動いていたとは思えませんね・・・。

 

全ての商品がこうだとはとても言えませんが、

購入の際は十分に気を付けてくださいね。

 

続きは後にアップします。

ページトップへ