作業内容

トップページ >> ブログ

GR86 EGオイル問題 対策

本日のご紹介は GR86 エンジンオイル問題の対策 です。

 

K子様のGR86 今回はエンジンオイル問題の2つの対策をしたいと思います。

一つ目は「エンジンオイルストレーナーにシーリングが詰まる」です。

エンジンのオイルパンを剥がしながらご説明いたしましょう。

 

こちらは下廻り。

最近の車両は下面がフラットに整っていますね。

これを見てるだけで空力が良さそう。

 

アンダーパネルをごっそり外すとエンジンの下が見えてきましたね。

矢印部分がオイルパン。

このオイルパンを剥がします。

びっちりシーリングされていてなかなか剥がれませんでした。

もちろんこのシーリングはオイルが染み出さないように防いでくれるもの。

絶対になくてはなりません。

ただし、なぜかシーリングの量が多いのですよね。

色々理由はメーカー様サイドであるのだろうけど・・・。

この中にはみ出したシーリングが剥がれて、オイルパンに落ち、

オイルストレーナー(オイルを吸うストローのようなもの)が

オイルと一緒にこのカスを吸ってしまいます。

そうするとストレーナー内部、フィルター部分に詰まってしまって

オイルを吸いずらくなってしまいます。

オイルをたくさん圧送したい高回転ではエンジンブローまで招く恐れが・・・。

怖いですね。

この車両も既にフィルター部分には

いくつかシーリングの切れ端が溜まっていました。

まだ新車なのにこんなに・・・ってくらい。

 

一度このシーリングをきれいに剥がし、

オイル漏れを起こさないギリギリの量でシーリングを塗布します。

 

2つ目の対策はオイルパンバッフルプレート。

トラストの商品ですね。

横Gが激しくかかるサーキット走行などでは

オイルパンの中でオイルも激しく揺さぶられて偏りがでます。

オイルストレーナー部分がむき出しになり

空気を吸ったりなんかしたら、油圧低下、

油幕切れを起こす原因になる場合があります。

このバッフル装着すれば過度な横Gを掛けても偏りずらくなり

損傷も防ぐことができます。

しっかり装着致しました。

これで安心してサーキット走行できますよ。

たくさんお楽しみください。

 

GR86 エンジンオイル対策はTOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ