作業内容

トップページ >> ブログ

S15 クラッチ交換

本日のご紹介は S15 クラッチ交換です。

 

今回はミッションのシフト操作はできるしギアも入るが、

クラッチを繋いでも車両が動かないという

レアなケースでレッカー搬入されました。

確かにクラッチの踏みごたえはある、ギアも入る、

クラッチを話しても車が動かない・・・。

この状態って??ものすごくクラッチが滑ってどうにもならない状態なのか??

 

ミッションを下ろそうとコントロールレバー廻りの

分解をしようと思って

内装をはぐったらなんだかオイリー。

ひょっとして・・・。

 

案の定コントロールレバーブーツが破れている。

長年放置するとオイルが室内側まで侵入してくるのですよね。

ギアオイルは嫌なにおいがするし、

一度この臭いになるとなかなか取れないですからね。

交換です。

油圧系の漏れもないですし、レリーズシリンダーもしっかり動作している。

操作機構ではないのでミッションを下ろすことに。

さぁ下ろしましたよ。

何かな?原因は??

その原因はまた次回お楽しみに・・・

 

 

なんてことはしません。

 

ミッションを下ろしてクラッチを見てみると

ディスクのセンターが出ていない。ずれている。

ミッションを外しただけでずれるなんて・・・。

 

カバーもとってクラッチを外してみるとっ!

なんとディスクとハブ部分のロック機構が見事に破壊されている。

この部分で空回りをしているから、動力が伝わらないわけですよ。

なんでこんなことに??

この車両NAなのでそこまでトルクも馬力も出ていいない。

こんな破壊をされるなんて・・・。

カバーもボルトはしっかり締まっていたので問題ないと思うが。

こちらの画像はパイロットスリーブ。

妙にグリスが飛んでいるのと、よく見ると変な打刻痕がみられる。

擦れて多少摩耗している状態の物は普通にあるが、

この状態になるのはあまり見たことがない。

ユーザー様と相談した結果、クラッチは全てキットで交換とのこと。

 

こちらはエンジンマウント。

矢印部分にノックピンがいるのですがきちんとはまっていない。

 

何やら不具合をたくさん抱えておりますね。

 

続きはまた次回。

 

クラッチ交換は TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ