作業内容

トップページ >> ブログ

V35 クラッチ交換

本日のご紹介は V35 クラッチ交換です。

 

前回に引き続き V35の作業です。

前回は車高調の取付を致しました。

続いてクラッチ交換ですね。

本来はむしろこちらの作業がメインで入庫されております。

こちらの画像わかりますかね?

レリーズシリンダーのロッドの向きが変な方向になっております。

お客様のピボット折れが発生しているとのこと。

既にこのピボットが折れる現象が3回ほど繰り返されているとのこと。

ピボットが折れる話はよくあるのですが、

3回も短期間に・・・・。

どのような原因があるのでしょうかね?

 

こちらはコントロールレバー。

ミッションを下ろすために外したいのですが・・・。

矢印方向に傾いている。

 

まずはミッションを下ろします。

 

見事にピボットが折れている。

ベルハウジングの下にコロンっと横たわっているパーツがピボット。

見事に折れていますね。

 

クラッチは純正品。

どうせ開けるならということでクラッチ交換も決断されました。

フライホイールも交換するので外しましたよ。

何だか面白い汚れ方をしていますね。

汚れをきれいに落とします。

折れたピボットのボルト部分を摘出します。

きれいに取れて、ねじ山部分も無事ですね。

 

NISMOの強化ピボットを入れましょう。

 

汚れもしっかり落としてピボットの組付けもOK!!

続きはまた次回。

 

クラッチ交換は TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ