作業内容

トップページ >> ブログ

JZZ30 クラッチ交換

本日のご紹介は JZZ30 クラッチ交換です。

H野様のJZZ30ソアラ、今回はクラッチ交換のご依頼を頂きました。

誠にありがとうございます。

 

エンジンルーム。

エンジンを傾けるために、配管など邪魔になりそうなものは外しておきます。

 

コントロールレバー廻り。

 

そしてミッションを下ろす準備をします。

紫色のカバーのクラッチが見えますね。

既に社外のクラッチは装着されているのですよ。

オーナー様的にはご自身様のフィーリングに合わないとのこと。

 

それでは仕方がないです。

 

装着されていたクラッチはエクセディの物。

メタルとファイバーのハイブリッドなクラッチディスクです。

この組み合わせがオーナー様には敵にはいまいちなのですかね?

 

クランクリアオイルシール、パイロットベアイングも一応交換しておきます。

 

 

そして今回使用するクラッチがORC メタルツインですね。

気に入ってくださると良いのですが。

 

その前に。この汁トレーンケージの中にあるカラーを交換しておきます。

このオイルシールもダメになっているので一緒に交換ですね。

分解しました。

そしてこのカラーを交換するのですが、大きさが合わない。

この部品は持込されたので当方としてもわからないのですが、明らかに合わない。

これ入れたら余計にガタが出ますよ!!

ですので急遽純正品を注文。

ここが新品になるだけでカチッと感が戻ってきますからね。

シールも交換してここはOK。

 

続きはまた次回。

 

クラッチ交換は TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ