作業内容

トップページ >> ブログ

ER34 延長ロアアーム取付

本日のご紹介は ER34 延長ロアアーム取付です。

 

フロント 延長ロアアームの取付のご依頼を頂きました。

誠にありがとうございます。

延長ロアアームを取付けてキャンバーを寝かすことご希望されています。

ER34には調整式のアッパーアームを交換するか、

ロアアームを長いものに交換するかの2通りがあります。

今回はロアアームを延長することでキャンバーを寝かせます。

 

取付ける部品はカザマオートの25㎜延長ロアアーム。

それに伴いタイロッドの長さも純正品では

対応できない調整範囲になります。

今回はD-MAXのタイロッド、タイロッドエンドを使用して

延長ロアアームに対応できるものに交換です。

 

矢印部分のロアアームとタイロッド、

タイロッドエンドを交換します

 

そこでちょっと気になることが。

こちらはテンションロッドです。

緑矢印の部分がターンバックル方式で調整する部分です。

この左右部分のねじ山の出ている幅が異なるのですよね。

ターンバックルで調整すると、

同じ幅でねじ山部分が出てくるのですが、

そうなっていません。

これは赤い矢印部分だけを回して長さを調整したために

左側だけねじ山が出てきてしまいました。

例えばこの状態でタイロッドを短くしようとすると

右側には残りのねじ山がほぼないので

底付きして回せません。

タイロッドを外して回さないと長さが調整できません。

せっかくターンバックル式で

外さなくても調整できるようになているのに

これでは意味がありません。

 

ターンバックルのロッドを取付ける場合は

ロッドが一番短い状態から

ターンバックルを回して、

適度な長さになるまで調整します。

上の画像のように左右ともねじ山が出る部分が均一です。

今回はロアアームを外しますし、4輪アライメントを施工するので

一緒に直しておきました。

 

話は元に戻ってロアアームとタイロッド、

タイロッドエンド交換完了です。

そてして4輪アライメントの測定器をセットして測定します。

こちらは測定結果。

フロントはいろいろ交換したので数値があっていないことは当然ですが、

右リアののトーがINに向きすぎていますね。

これでは直進性が保てませんね。

 

こちらが調整後の測定値。

フロントはいい感じでキャンバーが付きましたね。

交換しただけで左右の差が06分しかないので優秀です。

(ER34はキャンバーを調整できないので)

キャスター、トーも純正規定値真ん中ぐらいに合わせました。

リアはキャンバーもちょっと寝かせてトーの調整をしました。

これで安定して走行できるでしょう。

 

お待たせ致しました。

またのご依頼をお待ちしております。

ありがとうございました。

 

各種アーム交換、4輪アライメント施工は TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ