作業内容

トップページ >> ブログ

HCR32 スカイライン クラッチ交換

本日のご紹介は HCR32 スカイライン クラッチ交換です。

 

今回はHCR32 スカイライン タイプM RB20DET 

のクラッチ交換のご依頼を頂きました。

誠にありがとうございます。

 

この時代、スカイライン タイプMは RB20DET を搭載していました。

2000㏄ということでミッションは 71Cというミッションを使用。

シルビアたちと同型のミッションですね。

この当時はこれでも早かったのですがね。

画像矢印部分。

オイル漏れが生じております。

これはリバーススイッチ。

ミッションがバックに入るとONになり、

バックランプなど点灯する仕組みになっております。

このスイッチの内部のオイル漏れが起こっております。

交換ですね。

ミッションオイルも交換されてないらしく、

ドレインがボルトが全く緩みませんでした。

最終的に破壊しました。

 

やっとこさオイルを抜いて、ミッションを下ろしました。

 

クラッチガスで真っ黒。

 

クラッチ、フライホイールを外したエンジン側。

こちらもカスが溜まっているので洗浄します。

洗浄したら、クランクリアオイルシール、パイロットブッシュを交換します。

バックプレートを取付けてエンジン側はOK。

 

続きは次回。

お楽しみに。

 

クラッチ交換は TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ