作業内容

トップページ >> ブログ

S14 NVCS 交換

本日のご紹介は S14 シルビア NVCS、クランクオイルシール交換です。

 

前回に引き続きS14シルビアの作業です。

クラッチの操作は元通り行えるようになりました。

今回はNVCSの打刻音が酷いのとオイル漏れを修理します。

 

画像だと分かりにくいのですが、

クランクプーリーの廻りが酷くオイルが飛び散っております。

オイルパンの下の方にも伝わってきております。

 

クランクプーリーを外してみるとこのような感じ。

オイルシールが駄目ですね。

 

もちろん交換。

ここが一番酷かったので修理しましたが、

オイル漏れの度合いが激しくどこまでなのかなんとも言えません。

もしかしたらまだ漏れがあるかもしれませんが、

あとは様子見で。

 

こちらはカムカバーをあけてNVCSの交換です。

エンジンの中は真っ黒ですね。

もうちょっといいオイル(洗浄力がしっかりしている)を使用して

こまめに交換するともうちょっと良い状態を保つことができるかもしれませんね。

 

NVCSは矢印部分のパーツです。

ちょっとわかりずらいですね。

このパーツ油圧で動作するのですが、

アイドリング回転辺りでは油圧がオフの状態。

この中のバネの力だけで制御されているのですが、

劣化するときちんと動作しなくなりカタカタと音がでます。

末期になると音が酷くなりエンジンが壊れているのではないか

と思うくらいの音になります。

ですがちょっと回転数を上げてNVCSの油圧がオンになると音がしなくなります。

修理は基本的にこのパーツを交換するしかありません。

 

今回はジュラテック様に依頼してOHして頂きました。

ジュラテック様からはNVCS-GTなるものが

只今、量産体制に入っておられるらしく近日発売予定。

これに伴いNVCSのOHは廃盤になりました。

がちょっと無理を言ってOHして頂きました。

まだOH用の部品が残っていたのが幸いで、なんとかして頂きました。

無理を言って申し訳ございません。

そして汚れも落としつつNVCSを交換しました。

 

こちらはチェーンテンショナー。

こちらも旧式の物が使用されていたので、

新品の対策品に交換です。

 

カムカバー裏の汚れも落として新品のオイルシールに交換です。

あと油圧スイッチからもオイル漏れしていたので

そちらも交換しておきました。

 

ラジエターも外したのでクーラント入れ直して、エア抜き作業をします。

 

これでまともに走れるようになると思いますよ。

オイル漏れは様子見してください。

他に漏れている個所がなければOKだと思います。

大変お待たせ致しました。

またのご依頼をお待ちしております。

 

オイル漏れ修理はTOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

 

ページトップへ