作業内容

トップページ >> ブログ

S15 金ブレ流用 その2

本日のご紹介は S15 シルビア 金ブレ流用 その2です。

 

前回はブレーキキャリパーをOHするところまでをご紹介いたしました。

今回は車両に取付けます。

 

まずはリアから。

純正のブレーキキャリパー、ローター、バッフルと外します。

この画像が外し終わった後の物。

S15はサイドブレーキがキャリパーと一体の物。

金ブレはサイドブレーキをドラム化することが大前提になります。

ですからここまでばらさないと交換ができません。

このリアナックル、純正のものに補強材を溶接したもの。

 

こちらがサイドブレーキをインドラ化するためのバッフル。

矢印のところにサイドブレーキのシューを取付けるための支柱があります。

 

この穴はシューを作動させるためのワイヤーを通す穴。

さっきほども記載したのですが、この裏にナックルの補強が材がいるのですよね。

せっかく補強したのに削らないとワイヤーが通せません。

 

その作業が終わり、シューも取付ハブも戻して

大体の組付け完了。

さらに今回はただ取付けるだけではなくて、ローターを350Φの物を使用します。

それにはJURATECのアダプターでキャリパーをオフセットさせます。

 

350Φのローターと金ブレを取付けました。

大迫力のブレーキですね!!!

 

次回はフロントの取付です。

 

ブレーキキャリパー流用はTOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ