作業内容

トップページ >> ブログ

HCR32 スピードメーターワイヤー交換

本日のご紹介は HCR32 スピードメーター交換です。

 

先日ご紹介したラジエター交換をした32のスカイライン。

スピードメーター動かないのでその修理もさせて頂きます。

32はスピードメーターは機械式で

ワイヤを使用してミッションの回転数を読んでいます。

今となっては電気式のセンサーが大半です。

電気式センサーは回転数に応じたパルス(電気信号)を発生させて

メーターはそのパルスを読むことによって

どのくらいの速度を出しているかを表示しています。

機械式は回転するワイヤをスピードメーターのすぐ裏側まで

配管させて、どのくらい回転しているかを読み、

速度を表示しています。

 

こちらがメーターパネルの裏側。

突き刺さっている物体・・・

 

がこれです。

これだけの部品ではなく、

ミッションまで続く一体のワイヤーです。

途中で切れてしまっています。

 

そのメーターに最後接続している部分。

 

分かりにくい画像ですね。

矢印のところからワイヤーケーブルが下廻りに出てきています。

 

ずっとっと続いて最後にミッションに接続されます。

この部分ASSYですべて交換です。

 

左側が新品部品。

中に先ほど折れてしまっていた先端部分が

しっかり収まっていますよね。

 

新品ワイヤをしっかり這わせて接続します。

 

こちらはミッションに接続される部分。

 

リフトに上がっているときに

エンジンをかけてきちんと動くか確認。

しっかり動きました。

 

この32もメンテナンス続きですがしっかりよくなっています。

大事にって下さいね。

 

スピードメーターケーブルの交換はTOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ