作業内容

トップページ >> ブログ

S15 ニスモGT-LSD取付 後編

本日のご紹介は S15 シルビア

NISMO GT-LSDの取付 後編です。

前編ではバラスところまでをご紹介いたしました。

今回は組付けをしていきます。

 

右側がLSD本体です。

前編の画像を比べていただくと分かると思いますが、

ちょっと変わってます。

サイドベアリングを圧入していること。

リングギアを取付けているということですね。

このリングギアのボルトは当店では再利用しておりません。

一度、組付け終わったら、何年もあけらることはないでしょうし、

しっかりこのリングギア取付けておかなくてはならないので

新品にしておきます。

かなりのトルクで締め切りますので

ボルトが最後は伸びて閉まるということになります。

それを再利用するとそのネジピッチが少し広くなります。

その状態でさらにトルクを掛け直すとなめたり、

かじったりしますからね。

そうなると部品交換になってしまいますし、

このご時世ですから気軽に交換する部品もありませんよ。

 

キャリケースにLSD本体を組込み、

バックラッシュを測定します。

今回はすんなり収まってくれましたよ。

 

オイルシールももちろん交換です。

 

サイドフランジを投入して、最後にオイルを入れてフタをします。

 

あとは車体に戻すだけ。

 

エンジンマウントの交換のご依頼も頂いておりました。

 

新しいマウントはいいですね。

強化品になるので、ちょっと振動が伝わりやすくなります。

その辺は慣れですかね。

 

S藤様、お待たせ致しました。

走りをじっくりお楽しみください。

またご依頼をお待ちしております。

ありがとうございました。

 

LSD取付、エンジンマウント交換のご依頼は

TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ