作業内容

トップページ >> ブログ

S15 フェンダー内 配線経路変更

本日のご紹介は S15シルビア 

フェンダー内 配線経路変更 です。

 

今となっては珍しいくらいのノーマルティックなS15。

今回はご依頼を色々と頂きました。

誠にありがとうございます。

インタークーラー、ラジエター、

オイルクーラー、フェンダー内配線経路変更などの取付です。

 

こちらはノーマルのインタークーラー。

こちらを外して前置きの大型インタークーラーを取付けます。

 

なぜかインタークーラーに水を噴射させるための

タンクが装着されています。

 

今となってはのブローオフバルブも付いております。

 

あれこれする前に配線経路の移設のご依頼も頂いたので

まずはこちらから。

S15,14,13、R32,33,34、C33、34、35などなど

この手の車両たちは右のフェンダー内を通って

メインハーネスが敷かれております。

ですが車高をを低くするとタイヤと干渉しやすくなり

配線の被膜を擦り減らせて中の導線をむき出しにさせます。

その状態に何本かなってしまうと

ショートしてトラブルを巻き起こします。

ここの配線は重要な配線がたくさん通っております。

それを避けるためにメインハーネスの経路を変更するのです。

このメインハーネスは右フェンダー内を

通って前廻りに這わされています。

一度、この配線をすべて外します。

ヒューズボックスの中にも入り込んでいますので

こちらも外してヒューズボックスごと撤去です。

 

外した大量の配線です。

これをエンジンルームの方に配線し直します。

地道な作業で時間がかかります。

 

ヒューズボックスを元に戻して配線をして、

前廻りにも配線を戻したら完成です。

各分をチェックして

すべて作動すれば特に問題ありません。

 

続きはまた次回。

 

S15の配線経路 変更 は TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-208127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ