作業内容

トップページ >> ブログ

ブレーキキャリパーOH

本日のご紹介は ブレーキキャリパー OHです。

 

 

今回は S13シルビアにER34のキャリパーを流用します。

そのためにまずブレーキキャリパーをOHしておきます。

 

まずは分解。

ブレーキキャリパーのOHとは

基本的にシール、ダストブーツなどを交換する作業です。

 

 

こちらがキャリパーに組み付けられている

ブレーキピストンです。

どれもこれも中古パーツは

年数が経って、使用されることによる

劣化が進んでいるものが大半です。

このピストンもきれいに清掃をしてチェックします。

 

キャリパー壁面のメッキ部分が

劣化しているものに関しては交換をします。

 

右の二つが壁面のメッキが剥がれ錆びています。

これではシールを新品にしても漏れてくる可能性があります。

左側の二つが新品ピストン。

 

 

シール、ダストブーツを交換して完成です。

次回は車体に取付けていきます。

お楽しみに。

 

ブレーキキャリパーのOHは TOP ONEへ

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

 

ページトップへ