作業内容

トップページ >> ブログ

JZX110 タイミングベルト交換

本日のご紹介は JZX110 タイミングベルト交換です。

 

きれいに載られているJZX110。

今回はまだまだ乗られるということなので、

タイミングベルトの交換のご依頼を頂きました。

 

きれいなエンジンルームですね。

 

今回はカムのオイルシールまで交換しますので、

カムカバーも開けておきます。

 

こちらが今回使用する純正部品ですね。

ウォーターポンプはこの時に交換しておくのが得策です。

それに加えて今回は消耗するであろう部品の予備交換もしておきます。

VVTIのプーリー。オイルシール側がもちろん減るのですが、

それと合わせてプーリー側も摩耗しているケースが多いです。

過去に何度がオイルシールを交換して、それでも漏れてきて、

プーリー交換をしたらぴたりと止まりました、なんてケースがありました。

そのあとも全てとは言わないですが漏れてくる車両がありますした。

プーリーを交換すると直るのですよね。

部品代はかかりますが

この時に交換しておけば作業工賃は安くて済みまからね。

もう一つはクランクプーリー。

1JZでおなじみのクランクプーリー脱落の予防ですね。

これが脱落するとウォーターポンプ、オルタネーター、

パワステなどなど機能しなくなります。

いわゆる”やばい”ってやつですね。

 

 

画像は補器類をばらし終えてカム、

クランクのオイルシールを交換するところです。

 

カムプーリーを取付し直してウォーターポンプを

交換してベルトを張り直せば重要箇所はOKです。

 

1JZのクランクプーリーはこんな長いトルクレンチで締め込みます。

後は補器類を戻せば完成です。

お待たせいたしました。

またのご依頼をお待ちしております。

 

1JZのタイミングベルト交換は

TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ