作業内容

トップページ >> ブログ

S15 シルビア 30A5MT換装 その2

本日のご紹介は S15 シルビア R30A 5MT 換装 その2です。

 

前回はミッションを下ろすまでの作業をご紹介致しました。

今回は載せるための加工処理です。

 

上の画像は今回使用する部品です。

R30Aミッションの新品。

純正6速と比べてはるかに強そうなミッションです。

ER34用のミッションですので

クラッチの対応がプル式となっております。

※ECR33としてのR30Aは生産廃止です。

S15クラッチはプッシュ式です。

そこでECR33用のミッションフロントカバーを

流用してプッシュ式に変換します。

後は加工したプロペラシャフトと

ジュラテックさんのミッション変換キットです。

 

 

ミッションが大きいので

S15のフロアトンネルの中には納まりません。

干渉しそうなしそうなところを叩いて変形させます。

 

 

叩きたいのですが、クラッチが邪魔です。

クラッチを叩くわけにはいかないので外します。

このあとガンガン叩きました。

疲れ果てて画像撮るの忘れました。

 

こちらがミッションのベルハウジングの中。

ER34用ですのでプル式の

レリーズベアリングが組み込まれております。

新品なのですが使用しません。

 

こちらがECR33用のフロントカバーを

取付けたベルハウジングの中。

ピボットもNISMOの強化品に交換します。

 

さらにミッションの加工です。

ER34はプル式ですのでレリーズシリンダーが

フロント方向に向いております。

プッシュ式は後ろ方向を向いておりますので

画像のように取付けなければなりません。

ER34用のミッションにはプッシュ式の

レリーズシリンダーを取付ける土台が

かたどってあります。

そこに穴をあけるだけで取付可能です。

 

穴をあけた画像です。

 

こちらはミッションメンバーとマウント。

マウントは加工しません。

 

メンバーだけ加工しました。

加工した箇所分かりますかね?

間違い探しみたいな感じ。

取付穴を長穴にしてあります。

 

こちらはミッションのコントロールレバーが納まる穴。

レバーが前の方にきてしまうので

 

切除しておきます。

これで大体の加工処理、下準備はOKですかね。

 

続きはまた次回。

お楽しみに。

 

R30Aミッション換装はTOP ONEへどうぞ

TEL 0463-20-8127

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ