作業内容

トップページ >> ブログ

S15 シルビア クラッチ交換 ORC

本日のご紹介は S15 シルビア クラッチ交換です。

 

 

K窪様のS15シルビア、今回はクラッチ交換のご依頼を頂きました。

誠にありがとうございます。

 

 

まずはミッションを下ろします。

 

 

 

こちらが下したクラッチと、右上にあるものがORCの新品です。

 

 

クラッチディスクはこの通り交換時期ですね。

早めに交換しておけばクラッチトラブルも防げますからね。

 

 

ちなみに純正クラッチは19キロ。

 

 

ORCのクラッチは12.8キロ。

もちろん両方ともフライホイールを含む重量です。

6キロほど軽くなっております。

これがエンジンのレスポンスを上げるんですよね。

 

フライホイールを取付ける前に

クランクのリアオイルシールを交換しておきます。

 

 

そしてクラッチを組み付けます。

 

 

こちらはミッションのベルハウジングの中。

今までのクラッチの削りかすが大量に溜まっております。

これをきれいに洗浄します。

 

 

ちょっとこするともうこんなにカスが溜まるほど

中にはこびり付いております。

 

 

こちらはNISMOの強化ピボット。

社外のクラッチにした場合はこの部品の交換必需品です。

純正品はよく折れます。

 

 

レリーズベアリングを新品に交換するのに圧入をしています。

プレスで押し込んでまっすぐ慎重に圧入します。

 

 

洗浄も終わり、価格パーツをグリスアップして組み直しました。

 

 

後はミッションを元に戻せば完了です。

K窪様、お待たせいたしました。

ドリフトをエンジョイしてくださいね!

 

クラッチ交換はTOP ONE へどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ