作業内容

トップページ >> ブログ

S15 2.2L化

本日のご紹介は S15 2.2L化 その3 です。

 

前回は エンジンを仕上げるところまでをご紹介致しました。

 

 

今回は そのエンジンを搭載するところからご紹介致します。

エンジンクレーンでエンジンを持ち上げて

エンジンルームにエンジンを納めます。

 

 

クラッチはそのまま使用します。

NISMOの強化クラッチですね。

6速にはメタル系よりもカッパーミックスタイプの方が

ミッションには優しいです。

ですが、馬力が上がりますのでどこまで

ミッションが耐えられるかはミッションの元気さ次第ですかね。

 

 

クラッチを付けたときにクランクプーリーの増し締めを行います。

 

 

スロットルワイヤーの取付位置が微妙に合わなかったので修正。

 

 

 

オイルクーラーが元々取付けされていたのですが、

オイルパンが大きくなりエレメント移動ブロックが

元の場所に取付できなくなりました。

色々思考錯誤したのですが・・・

全部やり直しです。

 

サージタンクも変わりインタークーラーの配管も取り回しの変更です。

 

色々と摺合せをしながらの作業ですね。

 

色々と画像を撮りわすれました。

 

現車は無事に仕上がり、セッティングまでOKです。

 

 

TOMEI 2.2Lキット

ヘッド NAPREC ハイレスポンスキット

タービン HKS GT3-RS

インジェクター NISMO 740CC

などで、ダイナパックで400PS(シャシダイ換算440PS)ほど出ました。

最高数字は414ほどを示していますが、

これはちょっとブーストがオバーシュート気味だったので

ポンと出てしまいましたが慣らすと400ほどですね。

 

 

S田様、今度はあまりブーストを

上げすぎないように大事にドライビングください。

ありがとうございました。

 

SRエンジンの2.2L化は TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ