作業内容

トップページ >> ブログ

S15 2.2L化 その2

本日のご紹介は S15 2.2L化 その2です。

 

 

前回もご紹介した 2.2L化されたブロック。

エンジンはブローしたエンジンを点検、

ダメなところは交換(ほぼ全部交換)。

2.2L化に伴い、シリンダースリーブをHKSのものに交換。

純正スリーブを取り除き、ボーリングして、

HKSの厚いスリーブを埋め込みます。

そしてTOMEIの2.2Lキットを組込んだブロックです。

 

 

こちらはエンジンのフロントカバー。新品です。

これもブロックの製作の時に一緒に面研してもらいました。

 

 

ストレーナー等を取付けて、オイルパンを取付けます。

 

 

こちらはTRUSTの大容量オイルパン。

偏らないよう可変の仕切りが付いているのですが、

一度ばらしてねじにロック剤を塗布してから取付けます。

 

 

オイルパン取付OK。

 

 

ココからはヘッドを搭載いたします。

 

 

きれいなピストン、見納めです。

 

 

画像はカム取付まで飛んでしまいました。

ヘッドを搭載するときって集中しすぎて、

画像を撮るのを忘れがちです。

 

カムはTOMEIのPOMCOM。

この仕様にはちょっとおとなしめですけど、

オーナー様の意向ですので。

 

ヘッドガスケットはいろいろ議論した結果 1.5ミリに。

 

 

さらに画像は飛んで、インマニに。

TRUSTの大容量サージタンクに。

インジェクターはNISMO 740CC。

スロットルも社外のものに変更です。

 

 

タービンは前から使用している HKS GT3-RS。

 

これでエンジンはほぼ完成。

 

次回は車両に搭載いたします。

 

SRエンジン2.2L化は TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ