作業内容

トップページ >> ブログ

S15 ブーストアップ

本日のご紹介は S15 ブーストアップです。

 

I立様のS15シルビア、今回はキチンとした

ブーストアップのご依頼を頂きました。

誠にありがとうございます。

キチンとした?というのはブーコン入れて

ただブーストを上げるだけではないということですね。

 

S15ターボも純正で0.5~0.6で

ブーコンいじって0.7、0.8くらいまでは許容範囲でしょうが

それ以上はね・・・。お勧めできませんよ。

0.9、1.0掛けても一発で壊れることはないでしょうが、

ダメージは蓄積されます。

SR20DETは皆さん気軽にブーストかけるんですよね。

あとちょっとあとちょっとって。

だから開けるとシリンダーの淵が溶けているエンジンが多い!!

余裕があるならなるべくきちんと

ブーストアップをすることをお勧めいたします。

もうエンジンすら貴重になってきました。

皆様、エンジンを大事にね。

 

 

こちらはフロントパイプ。

純正です。遮熱板はボロボロです。

エンジンの振動でカラカラと異音が発生しています。

 

タービン廻りのアップデートをするために

エンジンからエキマニ、タービン、アウトレットごと

一式外します。

 

外したものを分解。

今回は予算の都合上で

タービン自体はS15ノーマルそ使用します。

ですから廻りの部品は外してタービン単体に。

 

エキマニはTOMEIのものを使用。

 

アウトレットもTOMEIのものを使用したかったのですが、

なぜか納期が未定。

HPIのエキマニもなかなかですので、

今回はこちらを使用します。

 

タービンにエキマニ、アウトレット、

タービンラインなどを取付けます。

タービンがむき出しの方がスパルタンで、メカニカルでカッコが良いのですが

熱害の方が大きいのでノーマルタービンの場合は

できるだけ遮熱板を取付けております。

 

反対側から。

 

今回はフロントパイプも見直しです。

デュアルよりもシングルの方がパワーはのびます。

 

画像は飛んで組みあがり後です。

タービン側は純正の遮熱板が取付けてあるのでいいのですが、

エキマニ側はむき出しです。

のでABSなど他の機器に熱害が

出ないように遮熱板を追加します。

 

こちらの画像は下から見たもの。

フロントパイプもバッチリです。

 

TOP ONEではエキマニ、タービン、

アウトレットの割れ、ボルトの損傷などを防ぐために

タービンステーを制作、販売しております。

ここをガッツリと保持することで

それらのことを軽減できます。

 

ここまではタービン廻りのアップデートです。

 

続きはまた次回。

 

エキマニ、アウトレット、フロントパイプ交換は

TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

 

ページトップへ