作業内容

トップページ >> ブログ

S15 ハンドル交換 MOMOステアリング

本日のご紹介は ハンドル交換 MOMOステ です。

 

S田様のS15シルビア、

今回はハンドル交換のご依頼を頂きました。

誠にありがとうございます。

 

今回は取付ける商品は

MOMO DRIFTING オレンジステッチ

ワークスベル ラフィックスⅡ

ワークスベル ショートボス

です。

 

 

ラフィックスはステアリングを

脱着できるようにするキットです。

バケットシートを取付けた際に

ハンドルを外れるようにすることによって、

乗り下りを楽にすることができるアイテムですね。

無理に乗り降りすると

バケットシートの生地が擦れて破損する原因となります。

 

こちらはショートボス。

ラフィックス自身が背が高いので、

通常のボスを取付けるとハンドルが

手前になりすぎてしまいます。

ショートボスを取付けることによってそれを軽減できます。

 

 

まずは純正のハンドルを外します。

画像の矢印部分のカバーを

マイナスドライバーなどでこじって外します。

 

このボルトを外します。

トルクスになってますので

普通の六角なのでは外せないです。

反対側の側面にも同じように

取付けられているのでそれも外します。

 

 

っと、その前にバッテリーマイナス端子を

外しておきましょうね。

必須ですよ。

 

そうするとハンドル中央にある

エアバックのユニットだけ外れます。

 

次はハンドル本体を外します。

画像の矢印のナットを外します。

ハンドルロックをかけてハンドルが

空回りしないようにして

十字レンチの19を使用して外します。

適度に緩んだら、

ナットは最後まで外さないようにして、

ねじ山2~3山かませておきます。

あとはちょっと力わざ。

ハンドルを手前にこじって引っ張ります。

そうするとバコンと外れます。

ここで先ほどのナットが効いてきます。

これがないと、ハンドルを手前に

思いっきり引いた時に

そのままの勢いで自分の顔面に

ハンドルが直撃します。

若い時に一度思いっきりやって

鼻血を出したことがありますよ。

流血です(笑)。

ハンドル交換をするたびに思い出します。

あとはナット外してハンドルをとるのですが、

ここでハンドルセンターを出しておきます。

 

ハンドルが外れたらボスを取付けます。

先ほどセンターを出しておいたので

それに合わせてボスのTOPが

一番上に来るように取付けます。

赤矢印がホーン用のプラス配線。

緑矢印がアースの取り出し配線。

通常ハンドルを取付ける際は

ボスの金属がアース接地されているのですが

ラフィックスを取付ける際は

配線でアースを接続した方がきっちり接地できます。

エアバックのダミー配線もしておきましたので

エアバックの警告灯も点灯しないですよ。

 

ボスにラフィックスの台座を取付けます。

この時もTOPを合わせておきますよ。

 

こちらはラフィックスのハンドル側の台座。

 

 

先ほど取付けたボス側の台座にはめ込みます。

バッテリー端子を仮付けしておきます。

この時にホーンが鳴るかのチェックもしておきます。

 

 

あとはハンドルを取付けて作業はOKです。

ハンドルのセンターが出ているか、ガタがないか、

などをチェックしバッテリー端子を

増し締めして終了ですね。

 

スポーティーになりましたね。

ハンドルを交換すると

俄然、やる気が出てきます。

触り心地もいいですしね。

S田様、お待たせいたしました。

ありがとうございます。

またのご依頼をお待ちしております。

 

ハンドル交換はTOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ