作業内容

トップページ >> ブログ

S13  シルビア タービンガスケット交換

本日のご紹介は S13 タービンガスケット交換です。

 

O野様のS13シルビア、

今回はタービンガスケット交換のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

何やらタービン廻りから音がするということなので、

拝見させて頂いたら排気漏れの音がします。

タービンガスケットがだめですね。

 

早速お預かりすることになりました。

下廻りを見るとフロントパイプの釣り部分がなぜかとまっていない。

マフラーも後ろ側しか止められていない。

手で軽く揺さぶるだけでマフラがものすごく動いてしまいます。

これではタービン、エキマニに負担がかかってしまいますね。

マフラーがの止め点があまりなく動いてしまうものや、

車高が低すぎて地面などに激しく衝突を繰り返す車両などは

要注意です。

マフラーなどは車体に吊ってあるだけで、

ボルトでとまっているものはタービン、エキマニです。

マフラー左右上下に揺られているってことは

4mほどの長い棒で揺さぶっているのと一緒ですからね。

ひとたまりもありませんよ。

タービンガスケット交換も安いものではありませんからね。

 

 

 

遮熱板などを外して、エキマニごとタービンを外します。

 

タービンガスケットはこの間のガスケットのことを言います。

 

 

 

ガスケットがボロボロになっています。

 

 

各ガスケットを交換して、元に戻します。

 

 

 

 

TOP ONEでは タービンエキマニを守るために

このようなステーを取付けております。

アウトレット、フロントパイプの合わせ面のところで

エンジンに再度固定をしてマフラーからの衝撃を和らげております。

 

フロントパイプのステーも取付けました。

横揺れ方向に威力を発揮します。

 

 

 

後は元に戻すだけ。

O野様、お待たせいたしました。

またのご依頼をお待ちしております。

ありがとうございました。

 

タービンガスケットの交換は TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ