作業内容

トップページ >> ブログ

S15 34GT-R brembo 流用

本日のご紹介は S15 シルビア 34GT-R ブレンボ 流用 です。

 

 

K崎様のS15、今回は34GT-Rのキャリパー(金ブレ)流用のご依頼を頂きました。

誠にありがとうございます。

 

 

今回、取付けるパーツです。

 

キャリパー R34 GT-R 後期型 1台分

パット IDI 500

ローター DIXCEL FD

などなどです。

 

 

こちらはノーマルのキャリパー。

4PODになっているのですが、小さくていまいちなのですよね。

 

 

リアは片持ちブレーキ。

やはり頼りないですね・・・。

 

 

 

まずはリアから。

矢印のブレーキキャリパーダストカバーを取り外します。

 

 

そのためにはナックルからハブを取り外します。

 

 

 

インナーシューのバックパネルを取付けてハブを元に戻し

ブレーキシューを取付けます。

ブレーキシューはプロジェクトμのD1スペックです。

 

 

ローターと金ブレを取付けて完成です。

 

 

フロントはリアに比べると作業工程は少ないのですが、

キャリパーを取付けるための穴を拡大しなければなりません。

これが大変です。

画像はその処理をして既に完成です。

 

金ブレを流用するメリット。

・キャリパーの強化によりブレーキが効く

・キャリパーのアルミ化によりバネした重量が軽くなる

・ローター径が大きくなりブレーキが効く

・ブレーキ容量が増えるのでコントロール性がます

 

 

アルミホイールも 軽量のCE28に。

さぁK崎様、いいタイム狙ってくださいね!

 

34GT-R ブレンボ 流用は TOP ONE へどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

 

ページトップへ