作業内容

トップページ >> ブログ

180SX リフレッシュ&カスタム その3

本日のご紹介は 180SX リフレッシュ&カスタム その3 です。

 

前回はインテーク廻りのリフレッシュをご紹介致しました。

 

 

 

 

その途中過程で、Defiのメーターを取付けるためのオイルブロックを取付けて

油温、油圧センサーを取付けしました。

 

 

 

そしてエンジンルームは一通り元に戻しました。

水温センサーもバッチリ取付いたしました。

ホースもHPIのシリコンホースに交換済みです。

 

 

Defiメーターはこんな感じで取付けました。

 

 

光が強すぎて画像がうまくとれませんでしたが、

実物はカッコよく光っておりますよ!

 

 

次はマフラーです。

お伺いしたときはこちらのマフラーを溶接で直す予定でしたが、

新規でマフラーの購入を決断されました。

あまりにも手直しする箇所がありすぎて、直す予算を考慮にいれて新品です。

 

 

 

使用するマフラーは TOMEI のチタンマフラー。

激軽量です!!!

サウンドもいいですよ。チタンらしくちょっと乾いた音になります。

 

 

こんな感じで斜めだしです。

ちょっとエアロと合わないので後に加工が必要ですかね・・・。

 

 

 

180SXの軽な補強です。

まずはノムの箱舟。

 

 

次にナギサオートの ガッチリサポートとシャキットプレートです。

 

これ効きますよ。

 

 

ノムの箱舟はこの部分に取付します。

S13系のボディって、左側だけこのフレーム?がいないんですよね。

 

 

 

 

ちょっとこの画像では」わかりにくいですが

触媒の奥の方に取付けられているのが分かります。

あっそうだ。今回、APEXi ECV の取付もしました。

音量でひとに迷惑をかけないのは大人としてのマナーですからね。

 

 

ガッチリサポートはこんな感じで取付します。

S13ボディには良く効きますよ。

 

 

シャキットプレートを取付するためにナットをボディに溶接します。

付属のものもあるのですが、後の作業性が悪かったりするので

TOP ONEではナットをささっと溶接してしまします。

 

 

こんな感じでシャキットプレートを取付しました。

 

 

改めて完成写真です。

Y川様、たくさんのご依頼ありがとうございました。

納期遅れてしまって申し訳ございません。

またのご依頼お待ちしております。

ありがとうございました。

 

180SX リフレッシュ カスタムは TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-37-4417

mail info@topone1021.jp

 

ページトップへ