作業内容

トップページ >> ブログ

180SX リフレッシュ&カスタム その2

本日のご紹介は 180SX リフレッシュ&カスタム その2です。

 

前回は タービンガスケット抜けまでご紹介しました。

その続きです。

 

 

インテーク廻りに移ります。

アイドリング不調が時々起こっていたので点検です。

タービンからインタークーラー、サージタンクまでの

エア漏れはチェックしました。

特に漏れはありませんでした。

ですのでAACバルブの点検をします。

 

 

ここまで外したのであれば水廻りのホースも

交換しておいた方がいいのでそこまで作業します。

 

 

ここまでばらして分かりましたが、オイルプレッシャーセンサー

からのオイル漏れも見つかりました。

なんとなくオイルにじみがあるのは把握していたのですが

オイルフィルター交換時の残りオイルかな?っと思っていました。

明らかにセンサーからの漏れですね。

これも交換です。

 

 

ヒーターホース廻りの水の配管をすべて外しました

 

 

こちらが外した配管です。

ゴムが硬化して固くなりところどころ劣化も進んでいます。

 

 

 

こちらが水廻りのホースの新品部品。

 

 

配管に新品ホースを組み上げました。

 

 

AACバルブはクリーナーで汚れを全て落としました。

これで正常に作動してくれるといいのですが。

 

 

今回はオルタネーターもリビルト品で交換です。

 

 

インテーク廻りを全て戻しました。

 

続きは次回です。

 

 

ヒーターホース配管リフレッシュはTOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ