作業内容

トップページ >> ブログ

180SX オイルクーラー取付 HPIサイドタンク

本日のご紹介は 180SX HPI オイルクーラー取付です。

 

 

I井様の180SX、今回は オイルクーラーの取付のご依頼を頂きました。

いつもありがとうございます。

 

 

徐々にエンジンルームも社外パーツで満たされてきました。

 

これがオイルフィルター。

これを外して、オイルの取り出しをします。

 

 

前廻りはインタークーラーを外します。

180SXの後期にはここに電動ファンがあるのですが、

この位置にオイルクーラーを取付けますので撤去です。

 

 

今回取付けるオイルクーラーはHPI サイドタンク式、

SR専用取出しブロックのキットです。

キットって言っても、部品が揃っているだけ。

位置決めて、ステーを作って、取り回し考えて・・・

なんていうのは一からです。

 

 

エンジンルーム下からの画像。

オルタネーターを外しました。

矢印のところにフィルターと、

それを付ける純正のオイルブロックがありました。

 

 

SRエンジン専用のオイルブロックです。

フィルターとのサンドイッチ方式ではなく直接取り出せるようになります。

サンドイッチ方式はフィルター交換の際にセンターナットが

緩んだりしてオイル漏れが起こったりします。

不具合がないようにこの方式にしておくと安心です。

 

 

オイルクーラーのコアはこんな感じで取付しました。

FRPのボンネットに変更していて、エアロキャッチも

付いているので、純正のキャッチは撤去しました。

この方が風当たりがいいです。

 

 

 

オイルフィルターブロックはこの位置です。

インタークーラーの配管を避けながら。オイルクーラー配管をします。

 

 

インタークーラーを取付けてしまうとほぼ見えなくなります。

せっかく付けたのにちょっと残念です。

オーナー様はドリフトがメインですので、コアの位置はここのご選択になりました。

サイドに取付けるのが冷える効率は良いのですが、

ドリフトだと斜め前からヒットする確率が高いのですよね。

あくまでも確率ですが・・・。

 

 

今回は牽引フックの取付も致しました。

 

 

MTマウントも切れていたので交換です!!

 

 

NISMOの強化マウントを取付けいたしました。

 

I井様、いつもありがとうございます。

またのご依頼、お待ちしております。

ありがとうございました。

 

オイルクーラー取付は TOP ONE へどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ