作業内容

トップページ >> ブログ

S15 シルビア タービン交換 などなど その2

本日のご紹介は S15 シルビア タービン交換 などなど です。

 

前回はエンジンのカバーなどをばらすところまでをご紹介致しました。

今回はばらしたものを組付けます。

 

 

上の画像が今回使用する新品パーツ。

主にガスケット、パッキン、ホース類ですね。

 

 

まずはエンジンブロックのフロントカバーと

ウォーターポン取付けました。

 

 

オイルパンを取付けます。

こちらのカバーもきれいにしましたのでほぼ新品に近い色合いですね。

取付は液体パッキンを塗布して順序良くボルトを締める地道な作業ですが

大切なところです。

後にオイル漏れがないようにきっちり組付けます。

 

 

ブロック上面。

古いヘッドガスケットを取り除き清掃します。

これも地味に大変な作業です。

 

 

こちらはヘッドの下面。

ブロックの上面と同じように古いヘッドガスケットを剥がします。

 

 

そしてブロックの上にヘッドを載せて組付けます。

もちろんこの間にはヘッドガスケットを敷きます。

使用するヘッドガスケットは TOMEI 1.2ミリ(純正同等の厚み)です。

ヘッドボルトをトルク管理、角度締め付けを入念に作業します。

 

 

ラッシュアジャスター、ロッカーアームを取付て

カム、プーリー、を取付、タイミングチェーンを張ります。

ラッシュアジャスターのエア抜きはもOK。

ロッカーアームストッパーも取付しました。

今回はカムは中古品を利用しております。

知人のSRからタービン、カムなど一式譲っていただくことになったそうです。

 

 

 

カムカバーも色を塗りました。

ツヤ有ブラックです。

すごくシックでいいですね!

 

 

インマニ、サージタンクなどを取付けます。

 

 

エキマニ、タービンを取付けます。

タービンは HKS GT-RS 中古ですがまだまだ使用できる逸品です。

 

今回はここまで。

次回はエンジンを搭載します。

お楽しみに。

 

エンジン、OH修理などは TOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-7-4417

MAIL info@topone.jp

ページトップへ