作業内容

トップページ >> ブログ

S15 シルビア タービン交換 などなど

本日のご紹介は S15 シルビア タービン交換などなどです。

 

 

T花様の、S15 シルビア、今回は タービン交換のご依頼を頂きました。

それに伴い、インジェクター、フューエルポンプ交換、エキマニ、アウトレット

交換、ヘッドガスケット、カム、ロッカーアームストッパー取付、

最後にパワーFCにて現車合わせまで行います。。

さらに、ちょっと長く乗れる仕様として、

エンジンのオイル漏れ修理も行います。

 

 

こちらが施工前のエンジンルーム。

几帳面なオーナー様ですのできれいなエンジンルームですね。

 

 

エンジンのオイル漏れ修理まで行いますので、

エンジンおろします。

タービン、交換じゃないの?

なんていわれるのですが、タービン脱着、ヘッドガスケット

交換、インジェクター交換など同時進行で、

エンジンのオイル漏れ修理まで行いますので、

もはやエンジンを降ろして作業した方が早く、確実です。

 

 

補器類なども外して、

エンジンクレーンでエンジンを引き上げます。

 

 

上下逆の画像で申し訳ないのですが、

このフロントカバーの表面にオイル漏れの跡がぎっちりあります。

(クランクの穴からのオイル漏れは逆さにしたからです)

一番のシール打ち直しはここの部分ですね。

どうしてもエンジン降ろして分解しないとキッチリできない部分です。

 

 

 

そしてばらします。

 

 

 

ブロック側。

ピンストン、ブロックにもダメージはありませんね。

 

 

ヘッド側。

こちらも特異常なしです。

 

オイル交換も適度に行われたいたのでしょうね。

スラッジも少なく、きれいなエンジンです。

 

 

ばらしたパーツは洗浄して、サンドブラスターを掛けて、

アルミ錆、汚れを落としてきれいにしておきます。

 

 

こちらのパーツも汚れを落としてきれいにします。

この辺はきれいにしても機能的になんの効果もありませんが、

組み直すならきれいになった方が見栄えいいですからね。

 

次回は組付けからご紹介致します。

よろしくお願い致します。

 

タービン交換 はTOP ONEへどうぞ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ